ゆとりの森のヤマトン

このページでは「大和ゆとりの森」のヤマトンを紹介する

大和ゆとりの森

大和ゆとりの森は2007年(平成19年)に開園した大和市の大規模公園の一つである。厚木基地のすぐ南側に位置し「森」という名称だが芝生の平原によるスポーツとレクリエーションの公園である。なお綾瀬スポーツ公園に隣接しており遠目には一体化してより大きな公園のように見える。
泉の森と同様に厚木基地滑走路の延長線上に位置しており、騒音が大きな飛行機が通過した際には相応にうるさいのである。

このゆとりの森にも各種のヤマトンの表象が確認できる。以下で紹介しよう。

(2020年11月訪問)

ヤマトンのワイドビッグウエーブスライド

2019年2月にオープンした幅4m、滑走距離8mの大型滑り台。やまと山東側にある。通称「ヤマトン滑り台」

おもちゃの橋

ゆとりの森と隣接する駐車場を結ぶ歩道橋のおもちゃの橋。ここにもヤマトンが登場している

全景

ヤマトン部分の拡大

案内看板類

テニスコート利用案内

全体看板

修景池ウォーキングコース

ヤマトン:「5周したらあんパンがもらえるのかトン!」・・・ヤマトンそれは違うよ・・多分

400m地点看板

ゆとりの森の売店は貴重なヤマトングッズ販売個所となっているが、訪問時点(2020年11月)では感染対策により臨時休業となっていた

仲良しプラザ内の掲示。

道標

番外編としてゆとりの森敷地外のものを紹介する。
ゆとりの森から高座渋谷駅に歩く途中。引地川の神明橋付近にある

高座渋谷駅からゆとりの森まで徒歩25分弱ほどかかる。駅から歩くとそれだけで結構な運動量である。なおのろっと号バスもゆとりの森に乗り入れている(バス停は仲良しプラザの横)

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました