やまとフェアリー

やまとフェアリーとは

平成4年(1992年)に制定されたマスコットキャラクター4種。キャラクター開発は大和市役所とサンリオの共同。平成5年1月~2月に名称が公募され全国約2,400人から約8,000にも及ぶ応募があった。「やまともっく」、「やまとかのん」、「やまとみずべー」、「やまとこころん」の4種を総称して「やまとフェアリー」と決まる。
平成4年制定ということで、やまと100周年(平成3年)の関連の一つと思われる。

ひところ職員の名刺や書類などでも使用されたようだが、96年に登録された商標も2006年に更新されることなく、その後のヤマトンデビューと人気の高まりもあり、存在感は薄くなってしまったようである。
2020年4月時点、市公式サイトにも掲載され現在でも使用許可申請も受け付けひっそりと活躍を続けている。市内各所では当時設置された看板・施設などで今もやまとフェアリーを見ることが出来る。

本サイトではヤマトンと並行してこちらも紹介していきたい

なお市の所管部署は政策部総合政策課総合政策係のようで、文化スポーツ部イベント観光課所管のヤマトンとは異なる。

キャラクター紹介

説明文は大和市公式サイト「大和市のマスコットキャラクターについて」から引用

やまともっく(緑の精)

なかよしのオナガ君といっしょに空を飛び、草や木や森や動物達と、おはなしすることができます。いつもとってもあかるくってちょっといたずらだけど、みんなを元気づけてくれます。

やまとかのん(花の精)

いつも草原のピンクの小さなお花の中にかくれています。魔法のステッキをかざしていろんなところに花を咲かせ、すてきなかおりをひろげます。

やまとみずべー(水の精)

森の湖にすんでいて、やさいやくだものが大好物。手に持つ葉っぱの傘をかざして雨を降らせます。みんなの心をうるおして、友情の輪を広げます。

やまとこころん(ふれあいの精)

風に乗って、どこからともなく現れて、みんなにやさしさを配って回り、心を暖かくしてくれます。

参考ページ

大和市役所>大和市のマスコットキャラクターについて
http://www.city.yamato.lg.jp/web/seisaku/fairy.html
(政策部総合政策課総合政策係)

タウンニュース大和版>大和市マスコットキャラ20周年目前に引退かサンリオと共同開発『やまとフェアリー』
https://www.townnews.co.jp/0401/2012/04/27/143411.html
(2012年4月27日号掲載)

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました